ちゃんと仕事してよね!!

10時過ぎ、彼が入院している某市民病院に、
担当保健師・担当課係長・主管医師の3人が、
検査の日程を決めた経緯を説明する為に来院。
同居している家族が発症⇒”濃厚接触者”
免疫抑制剤服用中⇒”ハイリスク接触者”
この2つを鑑みて”最優先接触者”となる筈の、
彼の感染有無判定のQFT検査が遅れたのは、
「免疫抑制剤の服薬を把握していなかった。」
と言うのが、今日の保健所側の言い分だった。
「把握していたら前倒ししていたと思います。
発症に間に合わず、申し訳ありません。」と。
「そうそう処方される種類の薬剤じゃないし、
どこの病院に行っても薬歴は伝えているので、
今回に限って伝えていない事はないですよ。」
と反論したけど、保健師との面談記録の中で、
免疫抑制剤服薬中との記載が見当たらないと。
「”言った・言わない”の話になるんですけど。
もしかしたら、その話を聞いていたとしても、
皮膚科からの免疫抑制剤処方は多くないので、
喘息で使う別薬剤と勘違いしたのかも。」と。
今更言っても発症前に戻る訳ではないけどさ、
ちゃんと仕事してよね!!って超イラついた。
今後の対応について1時間半ほど話したけど、
納得する事は絶対にない種類の話だと思うの。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

私の手術の前には念入りに検査を繰り返して、歯科まで入って感染予防に真剣でした。でも縦割り感覚が強く、横の連携や伝達に問題が無いとはいえませんでしたが、アル部分統括の主治医がきっちりやってくれました。
自分たちの保身でも、真剣に仕事をやって欲しいですよね。本来なら損害賠償が発生しそうな案件に思いますが、証拠が無いと突っぱねられそうですね。
防疫に関しては昨今話題になることが多いのに、自分たちの仕事の立ち位置やプライドを考えないのかね~?と思ってしまいました。
アホっぽいです!
2017年08月25日 21:17
結局、『お粗末なお役所仕事』って事ですよね。
本当に全然頼りにならないと実感しました。