12年前に、

厚生労働省からお手紙が届いたので開封。
『雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い』
は??雇用保険??一体何年前の話よ??
受給履歴をみると2008年4~7月分。
12年前に貰った基本手当の分じゃん!?
その当時の雇用保険の受給者資格証とか、
振込先だった今はない銀行の口座番号や、
対象になる勤務先名称と就職・離職年月、
追加給付金の振込先などを記載して返送。
あのさ、ワタシだから12年前の書類が
手許に残ってたけど、普通は捨ててるゾ。
(←資格証には2年間保管の推奨あり。)
さすがは事務処理ポンコツの国ニッポン。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

2020年05月29日 16:44
役人も天下り先もポンコツです。
何しろやる気なかった役人は多いですね。彼らも税金納めているのでしょうけど、恩給などを考慮すると10万支給を割引するべきかもしれません。
仕事に対する対価、生涯給が高額すぎます。
zakuro⇒ベランダ農夫さんへ
2020年05月29日 16:56
有事の際は公僕として、きっと不眠不休で働いてくれる(←と願いたい)のでしょうが、普段がポンコツ過ぎますね。
同じ書類がマイミクさん2人にも以前届いたそうです。
『税金の無駄遣いだ。』って2人とも言ってましたヨ(~_~;)。