副作用、その後。

数日前に副作用対策にと処方されていた、
(←リファンピシンとイスコチンによる、
全身の痺れに対して飲んでいたヤツね。)
ビタミンB6とB12の薬を飲み終えた。
「さぁ、痺れはどう変化して行くの!?
・・・実はもう痺れてなかったりして。」
なんて淡い期待を抱きつつ、経過を観察。
2種類の抗結核剤を服用していた時には、
24時間ビリビリと全身が痺れてたけど、
今は膝から下に痺れが少しだけ残る程度。
“1”にまで減っていた関節痛に関しては、
ビタミン剤中止後に少し強くなったので、
関節痛じゃなくて神経の痛みだった模様。
皮膚炎は改善。身体の痒みもほぼ消えた。
でも、唾液過多は一向に変化が見られず。
終薬後も副作用と闘うとか意味ワカラン。
いつになったら解放されるんだろうね~。

"副作用、その後。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント